• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声

保険アドバイザーの紹介

プロフィール詳細はこちらをクリック

gunji1

郡司 敦子さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

株式会社フィックス.ジャパン 東京営業部直通
03-6268-8880

ページトップへ

保険業界に入った
きっかけを教えて下さい。

外資系保険会社の知り合いから、法人の保険の仕事をしてみないかと言われたのがキッカケです。

最初、保険はちょっと嫌だなと思っていましたが、“法人の保険”という言葉がすごく新鮮に聞こえて興味を持ちました。
その頃、私は20代で起業して3年目でしたが、経営の悩みが多かったんです。
保険の仕事の内容を聞いてみると、利益の出ている企業に法人の保険のお話をしに行くということで、良い経営者に出会えれば、いい思考が生まれますし、自分自身の勉強になるだろうと思いました。

それを将来、自分の経営に活かせるのではないかと思って、“経営者“を勉強するつもりでこの業界に入りました。
ところが、実際に保険という金融商品を学んでみると、驚くことばかりでした。

『生・老・病・死』
保険には、この4つに対応する商品がありますが、子どものころから、お小遣いを貯めて買い物をするのが好きだった私は、「保険は、上手に使えばお金を増やすことができる機能が付いている、死亡や病気の保障だけではない」ということを知って、衝撃を受けたのを覚えています。
さらに、法人保険はもっと面白い機能が付いている、もっと知りたいなと。
気づいたら23年たっていました。

お客様への保険提案の際に
どんなことを大事にされていますか?

gunji2

“最も優先すべき保障”と“お金を増やす”のバランスをとることです。

それをお客様と一緒に考えることを大事にしています。
いろいろ心配するあまり、多くの保険に入り過ぎると楽しむための余裕がなくなってしまうかもしれません。
限られた収入の中では、本当に必要な保障だけを選び、残りは増やして楽しむ。

いま現在のことも大切ですが、人生は長いので長く楽しんで頂くために長期的な視野に立って、将来の目標や希望や楽しいプランを叶えられるようにお手伝いしたいと思っています。
今は時代の変化が速いですし、将来どんな環境になるか、どんなライフプランの変化があるか分からないので、そのような環境や生活の変化があっても余裕を持てるように、少しずつ資産を増やすことも万が一の保障と同じくらい大切だと考えています。
これは、個人も法人も同じだと思います。

保険は、金融商品の中で唯一、『健康』という条件がないと買えない、そして保障が付いていて、お金を増やすこともできる面白い商品です。
米ドルや豪ドル、日本の株式や世界の株式、債券を運用する保険もあります。
いろいろ知ると楽しくなりますよね。

“いま”何かあった時に保障がついているし、“将来”、お金も増える。どっちも安心でしょ?」って。
だから、私自身も運用できる商品を中心に保険を選んでいます。

お客様には、ずっとハッピーでいて欲しいと思っています。
私が保険を嫌だなと思った理由は、保険は基本的に不幸なことがあった時に役立つもの、と思っていたからです。
それに、どんなにベストな保険でも時代が変わって、保険の価値が変わるんじゃないか、不要になる保障もあるんじゃないか、それを補てんするには?と考えた時、余裕資金を作ることも欠かせないと思うんです。
押えておくべきことはもちろん保険で押えておいて、さらにお金が増えていれば、100%ではないけれどある程度の安心は得られると思います。

保険に入っていたから保険金がもらえた。
でもそれは好ましいことではないですよね。
病気にならないことが本当に幸せなことだと思います。
「保険を使わなくて、もったいなかったね」、と健康で言えるのがベストな人生ではないでしょうか。

貯めて、増やした保険を使って、法人であれば銀行から借りなくても不測の事態に対応できますし、退職金にもなります。個人であれば、旅行に行けた、とか、家のリフォームができたとか。
ご家族の中でハッピーなライフプランがあって、それが実現できるように、増えたお金を好きなことに使ってもらえたらすごく嬉しいなと思います。
「貯める・増やす・使う」これが大好きなんです。
「保険に入って、気づかないうちに資産が増えた!」『増えた保険で旅行に行ってきた!』そんなお客様の笑顔をたくさん見られるように、この仕事をしていきたいですね。

ご自身が入ってらっしゃる
保険内容はどんなものでしょうか??

gunji4

“医療保障”と“資産運用”の保険です。
まず、私は一番怖いのがケガだと思っています。
病気だったらまだ考える時間が与えられますが、ケガは、今日の帰りに駅の階段から落ちて下半身不随や失明などの可能性だってありますし、いきなり日常が失われる怖いものだと思うんです。
だから、ケガの保険は最高額まで入っています。

医療関連は、がん・心筋梗塞・糖尿病などの持病を家族が持っていて、治療や手術などを見ていますので、
がん保険・医療保険(掛捨て)、貯蓄型の三大疾病保険、に加入しています。

運用・貯蓄の保険では、
終身保険、変額終身保険、米ドル終身保険、豪ドル年金、変額年金などを10年、20年、30年先のイベントやライフプランごとに組み合わせています。
 

保険の仕事をしていて
嬉しかった出来事は何でしょうか??

gunji3

『資産が増えたよ』と、お客様に言われることが何より嬉しいですね。
最近お客様に「この6年で1.7倍になったよ!」とメールを頂いたんです。心の中で「!!!」と思いました(喜)。

それと、ご家族とかご友人をご紹介頂いたときです。
信頼して頂いていると思うと、とても嬉しくなりますね。
お客様から「息子夫婦のも見てあげて」と連絡を頂いて、他のご兄弟やご家族皆さまとお付き合いさせて頂けるのはさらに嬉しいですね。
家族といっても別世帯で離れていたりして、そんな時、私はどちらにもお伺いしているので、伝言を頼まれたり、ご家族の中の橋渡し役みたいになったりすることがあります。そんなことでもお役に立てると嬉しいですね。

あと、お夕飯に呼ばれたときも(笑)。
「晩ごはん食べにおいでよー」って手作りの夕飯に呼んで頂けるんです。
「しばらく会ってないしランチしよう」とか、「新しくできたカフェに行きたいんだけど一緒にどう?」って誘って頂いたり。
無農薬の自家製野菜とか、手作りのお菓子とか頂くのも暖かくて幸せな気持ちになりますね。
お友達や親戚のようなお付き合いが出来ていると思えた時、本当に幸せを感じます。

郡司 敦子さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

株式会社フィックス.ジャパン 東京営業部直通
03-6268-8880

ページトップへ

保険金・給付金をお届けされた際の
エピソードや心掛けている事はなんですか??

私が担当した保険はもちろんですが、他の代理店さんや通販で加入した保険などで請求忘れがないか、というのはお声掛けするようにしています。
他にも保険に入っているのに、ご本人が忘れていて請求されてないことがよくあります。
そういう時は保険証券を確認して、「ここに電話をして、お話ししてみて下さい」というご案内をします。
毎月保険料を払っていても、保険会社に請求しないと給付金を受け取れません。

震災の時に、請求できるのに「自分の火災保険では出ない」とおっしゃる方が多くいらっしゃいましたので、「これは出ますので、ここに電話したら大丈夫ですよ」とお伝えしていました。

そんな私自身も請求をしそびれたことがあります。
指をスパっと切ったことがありまして、病院へ行かず治ってから、ケガの保険に入っていたことを思い出し、病院へ行けばよかった・・・と。
自分のことだと忘れちゃうんですよね。お恥ずかしいです。
私も自分の保険担当者が欲しい…(笑)。

新しく保険に入ろう、加入している保険を
見直そうと思っている方に一言お願いします。

「資産を増やすことを考えてみませんか?」保障と同時に。
“貯金と保険は別”と言う方もいらっしゃいますが、今は史上最低といわれるほどの低金利で、そんな時代に、保険は長期的に資産を形成することができる金融商品だと私は考えています。

保険がお金を増やせるものだということを、まだまだ知らない方がたくさんいらっしゃるので「増やす保険の勉強をしてみませんか?楽しいですよ」ということをお伝えしたいです。
『知らないことは損な時代』ですし、『知って得する』ほうがハッピーな人生だと思います。
是非そういう資産形成の保険について知って頂きたいですね。

 

取材日: 2015年 11月

郡司 敦子さんへのプロフィールはコチラ

お名前 郡司 敦子 (ぐんじ あつこ) 生年月日 1月1日
趣味 ガーデニング、東京お散歩 休日の過ごし方 季節を楽しむ日帰り旅(リンゴ狩り、桃狩りなど)
座右の銘 一事が万事 尊敬する人 両親(88歳で仲良くカフェデートしています)
最近大笑いしたことは? 会社の懇親会に出掛ける際、同僚が「私、方向おんちなの」 と言うので、『私は大丈夫。勘がいいから、ついてきて!』と自信たっぷりに答え、道に迷ったとき。 最近泣いたことは? 映画やテレビ、お正月は箱根駅伝で泣く。
一番、楽しい時は? 春に咲く球根を植えて咲いた風景をイメージしているとき 今一番欲しいもの 長期休暇 (豪華客船に乗って2か月くらい船旅をする)
小さいころの夢 美容師さん 保険業界歴 23年
宝くじが当たったら? 応援したい好きな会社の株式を買う
生命保険以外の得意分野 自動車・火災の損害保険、住宅ローン、ライフプランニング、ビジネスコーチング、事業の(売上増加・経理改善)コンサルティング

所属する保険代理店のプロフィールはコチラ

代理店名 株式会社フィックス.ジャパン 東京営業部
所在地 〒105-0004東京都港区新橋1-18-16日本生命新橋ビル2階
電話番号 03-6268-8880
E-mailアドレス gunji1059@fics.jp
HPアドレス http://www.fics.jp/
◆取扱社数 生命保険19社、損害保険13社 少額短期保険2社

郡司 敦子さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

株式会社フィックス.ジャパン 東京営業部直通
03-6268-8880

ページトップへ

スポンサー企業

  • ママプラス
ページトップへ