• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声
2014/11/13 法人保険
記事一覧に戻る

自営業の保険選び

自営業者には保険が必要!

現在では仕事の多様化が進み、働きたい人も多くの職種を選ぶ事が可能となっています。
ごく普通の会社員として働く人もいれば、公務員となって安定した生活を送る人をのぞむ人も多くいます。
そんな中で、起業して自分の会社を作って社会に出ようと考える人も、一昔前よりかは確実に多く存在しています。
そういった自営業を営む人ほど、保険は必要となってきます。

自営業者は、会社員や公務員と違って公的な社会保障がそれほど手厚く受ける事は出来ないのが特徴となっています。
普通の会社員であれば、会社の力で当たり前のように加入されている雇用保険にすら自営業者は加入していない状況です。
そんな社会保障の薄さを補うには、自分で保険を取捨選択して加入するしか方法が無いのです。

店舗や会社のための保険

起業するという事は会社を起こす事なので、当然、店舗や会社を持つ事となります。
この店舗や会社は自宅である事も多いのですが、何にせよ、商売をやる場所には万が一に備えて火災保険や地震保険、家財保険などの災害に強い保険への加入が必要となります。

自営業者にとって会社や店舗が災害により経営不能の状態に陥ってしまう事態は、生活費を稼ぐ術が無くなってしまう事を意味します。
そういった時に何も保険に入っていなければ、生きるか死ぬかのとんでもない損失を被る事になってしまいますので、保険には必ず入るようにしておくと良いです。
最低でも火災保険には加入する事をおすすめします。
火災保険は長期契約を結ぶ事で保険金を安く抑えるサービスが有る場合があります。

自営業者の社会保障

自営業者は会社員や公務員と違って公的な社会保障が充実していないので、何かアクシデントが発生してしまった場合は莫大な費用を消費してしまう事が考えられます。
ですので、公的機関から補償されないケースを補うために民間の保険会社の保険サービスを活用するのです。
特に、病気や怪我、死亡時などに役立つ保険については真剣に検討しておくことをお勧めします。

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします

保険アドバイザー一覧はこちら

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

この記事もおすすめ

ページトップへ