育英年金(養育年金)とは?

いくら学資保険に加入していたとしても、肝心の支払いができなければ意味がありません。
経済的な困窮で払えないということ以外にも、契約者である親が死亡してしまうという事態も想定されるのです。

このようなアクシデントの時に助けとなるのが育英年金(養育年金)付きの学資保険なのです。

一般的な学資保険のプランと違って、契約者である保護者が死亡したとしても、保険金が残るという面が魅力です。
ですから、保護者に万一のことがあっても、子供の生活に繋ぎを残すことができるのです。

ただし、このようなスタンスの保険は、デメリットも存在します。

それは、返戻率が100%を下回ってしまい、元本割れの状態で満期を迎える可能性があるのです。
返戻率を比較するとわかるでしょうが、一般的な学資保険よりも、手元に戻る貯蓄性という点では劣ります。

それでも、リスク対策としてはかなり充実した内容となっているのが育英年金(養育年金)付きの学資保険。

満期保険金やあらかじめ設定された祝い金などの契約はそのまま残って支給されるため、子供の将来に対しての備えとしては非常に有効なのです。

保護者が死亡してしまった場合は、生活のやりくりが大変です。
子供が悠長に大学進学を考えることができなくなってしまうということも多いのです。

でも、育英年金(養育年金)があれば、子供が独立するまでの繋ぎとして必要な資金を担保できるので、保護者が生前思い描いていた方向に向かって歩むことができるでしょう。

≫ ≫ 学資保険の選び方

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険のビュッフェ

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。