• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声
2014/11/13 保険コラム
記事一覧に戻る

独身生活の保険選び

独身者は頼る相手がいない

少子化が問題視されている現代日本ですが、その原因とも言うべき未婚率の高さは年々増加傾向にあります。
そういったパートナーを持たずに生活を送っている成人は、世代や性別、そして職種を問わずに多くいます。
このような独身者たちは、養う必要のある家族がいない分だけ生活費が楽になりますが、それとは別に、自分自身も何かあった時に頼る相手がいない環境ですので、万が一の場合のリスクが高まっているのです。

いざという時に頼る相手がいない独身者は、保障の充実した保険に加入しておく事が得策と言えます。

独身者が入るべき保険

養う者や束縛する者がおらず、心身共に気楽な生活を送っている独身者が加入すべき保険は一体何でしょうか?

日常的にもいざという時にも頼る相手がいない独身者は、将来の事を考えて「貯蓄型の終身保険」に加入しておく事が良いと思います。
終身保険は1千万円から2千万円の保障が得られる保険なので、万が一の事態が発生しても比較的安心する事が出来ます。
しかも掛け捨て型ではなく貯蓄型ですと、貯金しているのと感覚的に変わらないので、いざという時が来るまで着実に保険金を積み重ねて行く事が出来るのです。

貯蓄型の終身保険は、長い目で見れば支払った総保険料の100%が確実に戻ってくる保険なので、加入しても何も損はしないのも特徴となっています。

独身者の生命保険

独身者は、独り者である事を理由にあまり生命保険の加入には積極的ではない事が多く挙げられます。
しかし、独身者が大病を患う事になってしまったり、あるいは死亡してしまったりした場合は、その親族に多大な迷惑をかけてしまう事になります。
治療費や葬儀・埋葬代などには大きな金額が必要となるのです。
せめて、そういった金銭的な面でも残された親族に迷惑をかけなくて済むように、医療保険や死亡保険などの生命保険には加入しておくと良いと思います。

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします

保険アドバイザー一覧はこちら

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

この記事もおすすめ

2014/11/13 保険コラム

結婚後(夫婦)の保険選び

2014/11/13 保険コラム

シニア世代の保険選び

2014/1/29 保険コラム

終身保険の掛け捨てについて

2014/1/29 保険コラム

終身保険の受取人変更とは

2013/3/3 保険コラム

アカウント型保険

2014/11/13 保険コラム

傷害保険の選び方

2013/3/3 保険コラム

自動車保険

2014/11/13 保険コラム

住宅購入時の保険選び

ページトップへ