• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声
2014/11/13 保険コラム
記事一覧に戻る

新社会人の保険選び

なぜ保険に入るのか?

親の庇護の元で暮らしている学生の時と違って、社会人になると自分の取る行動の全てに自分自身が責任を持つ必要があります。
「俺はまだ子供だから」と開き直って甘えた考えを持っていたとしても、社会ではその考えは通用せず、何か問題を起こせば本人が強制的に責任を負う事となります。
そうした、“自分の行動の責任は全て自分が取る”という当たり前の事を負う立場になった時、必要になってくるのが保険です。

保険は万が一の時に備えて加入しておくものです。
その万が一はいつどのようにして自分に降りかかってくるのか分からないので、念のために平時の時から備えておくのです。

保険には多くの種類がある

「社会人になったので、念のために保険に入ろう」と考えても、保険には実に多くの種類があります。
生命保険や医療保険といったよく耳にする名称の保険から、個人年金保険や海外旅行保険などのように、あまり一般には馴染みの無い保険まで、保険には数多くの種類がありますので、まず自分が保険に加入しようと思うのであれば、『どんなリスクに備えて保険に入るのか?』という目的を明確にしておく事が得策です。

保険にはがん保険のような、特定の病気に対しての保険もあります。
病気というのはどういったきっかけで発症してしまうか分からないので、こういったタイプの保険も調べておくと良いと思います。

初めての保険選びについて

社会人になって、初めて自分の意思で保険を選ぶ時には、自分の勤めている会社の福利厚生や社会保障なども把握しておくようにしないとダメです。
会社がどれくらいの保障をしてくれているのかという事をしっかりと認識して、それでもまだ充分で無いと感じる事に対して保険を掛けるのがベストな方法ですので、会社が行なってくれる社会保障の内容にはしっかりと目を通しておくようにすると良いです。

役に立った/参考になったと思ったら共有をお願いします

保険アドバイザー一覧はこちら

フォローはこちら 役立つ情報配信がんばります。ぜひお願いいたします。

この記事もおすすめ

2014/1/29 保険コラム

終身保険の一部解約について

2014/1/29 保険コラム

保険見直しのサイトについて

2014/1/29 保険コラム

保険相談と県民共済について

2016/7/27 保険コラム

あなたの自転車保険、大丈夫?

2014/1/29 保険コラム

終身保険の英訳とは

2014/11/13 保険コラム

火災保険の選び方

2013/3/3 保険コラム

アカウント型保険

2014/11/13 保険コラム

シニア世代の保険選び

2014/1/29 保険コラム

保険見直しと健康診断について

ページトップへ