支払限度日数は60日で大丈夫?

医療保険には支払限度日数が存在します。1回の入院で、どれだけの期間を保障するかというものです。最近は病院側でも長期的な入院を抑制しているため、60日を超えるような入院は非常に少なくなっています。ですから、支払限度日数は60日という設定でも十分です。

もっと短期間の契約もありますが、統計的に考えると、60日という制限で契約するのが安全です。入院や手術に対する保障が受けられるようなものであっても、期間がオーバーしてしまうと、その分は生活費からの支出となります。その金額は、家族の生活を脅かしてしまうことも否めません。

治療のための入院とはいえ、満足のサービスを受けるだけの資金が無いと、健康に向かって歩むことを断念しなければなりません。それは諦めればよいものではなく、家族にとっては少しでも長く生きてほしいと思うでしょう。存分に治療が行えるような医療保険を付帯するには、支払限度日数60日という期間は、重要視しなければならないポイントでもあるのです。

医療保険には入院保障や手術保障、それに加えて通院保障などが存在します。先進的な治療を受けるための先進医療の保障も付帯することができるでしょう。まずは基本となる入院保障をどうするかは、統計的に必要とされる範囲を把握したうえで、経済的負担を加味して判断すべきです。

まずは医療保険の比較検討を行い、生活を圧迫しない範囲で加入すると、どれだけの保障になるかを知ることで、支払限度日数についても具体的に決めることができるでしょう。

医療保険の選び方

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険マンモス

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。