年金を受け取った時に税金はかかりますか?

個人年金保険などから保険金が給付された場合、そのお金には税金が発生します。給付金は雑所得として換算されるため、所得税が課税されることになるのです。ただし、それは保険の契約者本人が保険金を受け取った場合の計算です。

もしも保険の契約者と違う人が個人年金保険のお金を受け取るとなれば、雑所得にプラスして贈与税が加算されてしまいます。ですから、より多くの税金を支払わなければなりません。

積み立てした保険料を無駄なく受け取る方法を選択したいのであれば、受取人の選択は慎重に判断すべきです。税金についての詳しい知識を欲するのであれば、複数の保険を取り扱う保険代理店に相談することも必要です。

保険代理店は、中立的にわかりやすく説明してくれる保険相談にのってくれます。そのような環境を活用しながら、個人年金保険についての知識を学ぶことで、これからの人生に必要な備えがわかるようになるはずです。

どんなに積み立てが順調でも、手元に戻る資金が少なくなってしまえば意味がありません。個人年金保険のメリットが最大限活かせるような環境ができてこそ、加入の意味があるのでしょう。

生活状況によって確定申告が必要になることもあるでしょうから、個人年金は保険金が給付された場合のことを想定しながら、少しでも資金を大切にする方法を選択すべきです。そうすることで、無駄なく自己資産を積み立てるためにも、未来を見据えて考える必要があるのです。

個人年金保険の選び方

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険のビュッフェ

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。