年金っていくらくらいもらえるの?

年金がいくらもらえるかを知るには、仕組みが分かっていなければなりません。それによってももらえる年金が異なるのです。

大きく分けると国民年金と厚生年金、共済年金で構成されているのが日本の特徴。国民年金も3種類に分けられていて、第1号被保険者から第3号被保険者までが存在します。主に職業で分類されるこの制度。国民年金は日本に居住する20歳以上60歳未満の方が加入すると義務付けられています。これが、基礎年金にあたるのです。

そのほか、厚生年金は会社に属する方が加入している年金保険で、基礎年金に上乗せされ、老後の生活を支えることになります。共済年金は公務員や私立学校教職員が加入するものとなっています。

一般的には基礎年金だけの支給となれば、月額5万円超が支給。でも、それだけでは生活を維持するのは困難です。だからこそ、厚生年金などによって生活費を補う措置が、サラリーマンなどでは行われているのでしょう。

厚生年金を加えた月額の支給額は、15万円を超えるほどになります。これだけの資金があれば、何とか生活を維持することが現実的となるでしょう。ただ、今までの生活水準を維持するには不足する金額になることは目に見えているため、預貯金での運用や、ほかの手段で積み立てを行うことで、老後の生活に対する備えをしなければなりません。

こうした背景があるからこそ、個人年金保険のような貯蓄性に優れた生命保険を利用する方が増えているのでしょう。一般的な年金だけでは、生活するにも苦労が予想されます。つまり、それを避けるための策を練らなければならないのでしょう。

個人年金保険の選び方

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険のビュッフェ

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。