• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声

保険アドバイザーの紹介

プロフィール詳細はこちらをクリック

hirai1

平井 弘司さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

平井 弘司ケータイ直通
090-4251-4301

ページトップへ

保険業界に入った
きっかけを教えて下さい。

きっかけはスカウトです。
もともとハウスメーカーで営業をしていたのですが、ある外資系の保険会社の方からスカウトの電話が突然ありまして、会ってお話をうかがったところ、誘ってくれた方のこの仕事に対する理念みたいなものに共感したというか、人の役に立てる仕事だというところがすごく魅力に感じ、素直に素晴らしい仕事だなと思ったので、半年くらいで当時の会社を辞めてその保険会社に入ることを決めました。

なぜ半年かかったかというと、当時それなりにお給料をいただいていたので、そこからフルコミッションという全く収入が保障されない状態になるという部分で不安があったからです。
それでもやはり保険の仕事の素晴らしさにひかれて、決断しました。
ところが当時の会社をなかなか辞めさせてもらえなくて、会社に伝えてから辞めるまで2年くらいかかってしまったんですが、そのスカウトの方も粘り強く待っててくださってやっと入ったという感じです。

この仕事は個人事業主みたいなものなので、たまに「沢山稼いでるんでしょ?」みたいな良いことを言われたりもするんですけど、正直それよりも不安の方が大きくて。
ただ仕事のやり甲斐みたいなものはすごくあるなと思っています。
純粋に人の役に立てるというところが一番強くやり甲斐を感じますね。

住宅の仕事も人の役には立つんですけど、早く売りたい会社とゆっくり考えたいお客さんの板挟みになってしまうことが多く、会社のことを気にせずにもっとお客さんに寄り添って仕事ができないかなぁと思うことがよくありました。
それで、その仕事を一生続けていけるかって正直悩んでいたんです。

保険の仕事は、実際に自分の保険についてコンサルを受けてみたんですけど、お客さんのことを一番に考えられる良い仕事だなと思って。
しかもお客さんにとって良いことばっかりなので、これだったらやりがいを感じながら一生続けていけそうだと思いました。

お客様への保険提案の際に
どんなことを大事にされていますか?

hirai2

とにかくお客さんに不利益のないようにしたいと常々思っていますので、本当に必要な保険にだけ入れば良いというお話をいつもさせていただきます。
保険を売るというよりも、その方にとって“必要か必要でないか”ということを一番大事に考えています。

保険の商品によって、それぞれ死亡とか医療とかがんとか色々な項目があるんですけどその中の一つ一つについているかいらないかをしっかり考えてもらって。
必要がなければその保険には入らないという選択をしてもらいますし、入るのだったらできるだけその方にとって条件の良い、無駄の無いようなかけ方を選んでもらいます。
それを心がけてとにかくお客さんに不利益のないようにという仕事をしています。

“営業は聞き役に徹するべし”とかよく言われてるじゃないですか。
でも僕はどちらかと言うと喋っちゃう方なんですよね(笑)。僕にとってはそれは悪いことじゃなくて、本当に裏表なくオープンにお話するので、お客さんも安心感を抱いてくれるのか、結構すぐ打ち解けてくれますね。
顔がなんか田舎っぽい感じだからかな(笑)。

話しやすい環境を作るのは大事にしていますね。
まぁ、自然としている部分も多いですが。
保険の相談って万が一のことを話すので、どうしても暗いイメージがあると思うんですけど、僕の保険相談は本当に明るく、笑いもよく起こりながらお話しているという感じです。

僕は「この商品が良いですよ」みたいなクロージングは絶対にしないです。
そうやって契約したとしても、後でお客さん自身がどんな保険に入ったか分からなくなってしまうので、僕はお客さんがご自身で選ぶための情報提供に徹しています。
そこも常に大事にしているところですね。

ご自身が入ってらっしゃる
保険内容はどんなものでしょうか??

積立を兼ねた死亡保険に入っています。終身のものです。
あと医療保険も基本的に払った以上になるようなものに入っています。

死亡保障付き医療保険というものです。
自分が死んでしまった時に家族に遺せるものを含めてですけど、必ず自分が払った保険料よりも最終的には沢山受け取れるものにしか入っていないです。

がん保険にも入ってます。それも積立のものですね。
がんにかかったら当然お金がもらえて、かからなくてもちゃんとお金が戻って来るという商品です。
そういうのがあるんですよ。昔からあって、無くなりつつあったんですけど、ある会社からまた新しく出てきたのですぐ契約しちゃいました(笑)。

自分の保険は払った保険料が、例えばずっと健康に過ごしていてもお金を捨てないような保険の入り方をしています。
自分がそういう保険が良いと思っていますので、できるだけお客さんにもそういう商品の良さはお伝えしています。

将来どんな風な生活になっても、絶対お金は大事なので、ちゃんと残る方が良いですよね。
僕の子供は医療保険にだけ入っています。
妻もその死亡保障も付いている医療保険に入っているのと積立のがん保険に入っています。

保険の仕事をしていて
嬉しかった出来事は何でしょうか??

お客さんから「こんな入り方あるんだね」とか「こんな良い保険あるんですね」と、言っていただけると嬉しいです。
だからお客さんが知らなかったような良い事、ポジティブなサプライズを提供しています。
 
あとは保険の相談で、最初は少し警戒されて話されている方も、打ち合わせを2回3回と面談を積み重ねるうちに、だんだん身を乗り出してきてくれるというか。
本当に僕との話に真剣になられて、最終的には「出会えて良かった」とまで言って喜んで下さるんですね。
それが本当に嬉しいです。

お客さんの希望を叶えられる商品に入っていただけたという安心と嬉しさもありますね。
お客さんの希望を聞いて、偉そうな感じじゃなくてちょっと先生のような立場で保険の上手な入り方を教えてさしあげるという感じで、その結果、みなさんから本当に感謝していただけるので、こんなに良い仕事はないなと思います。
お互いストレスがなくて。

お客さんも売りつけられるというのもないし、こちらも売りつけるなんてつもりは一切ないので。
必要な方だけ入ってくださったらそれで良いですからね。
それぞれの考え方を重視できるので本当にストレスがないです。

だから今は仕事が一番楽しいですね。
お客さんさえいらっしゃれば、ずっと仕事してても良いかなって思うくらい。
そのくらい日々楽しいです。

平井 弘司さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

平井 弘司ケータイ直通
090-4251-4301

ページトップへ

保険金・給付金をお届けされた際の
エピソードや心掛けている事はなんですか??

hirai3

その方が見られるかも知れないので、あまり詳しくはお話しませんが、先ほど言いましたように、契約に至る打ち合わせの段階で、お客さんとすごく仲良くなりますので、その方に何かあった時は私自身本当にショックです。
信じたくないというか。

保険金はもちろんちゃんとお支払できる手続きをしますが、しばらく悲しくてその事実を受け止めたくないような感じがあって複雑でしたね。
お客様に万一があって、保険が役に立って良かったと言ってる方もいますが、私はむしろそんなことで役立ちたくなかったなっていうくらいのところが本音なんです。
保険の仕事なんで、これからもそういうことはあるでしょうけど、とにかくお客様にはお元気でいて欲しいですね。

給付金をお届けする時は幸いそんなに深刻でないケースが今まで多かったですので、「助かった。平井さんありがとう」って喜んで下さる方が多く、入ってもらって良かったなって私も嬉しく感じました。

ガンになられた方からもご連絡があって、その時は心配しましたけど、今はもう完治されて幸い今でもお付き合いがありますので、有難いなと思います。
つい最近、その方から全然保険とは関係ない仕事のことでご相談があってお会いしたんですけど、ガンの治療された時からもう5年以上経って、今でもお元気で笑顔でいてくださっているので嬉しいなと思います。

新しく保険に入ろう、加入している保険を
見直そうと思っている方に一言お願いします。

hirai4

とにかくまずはその保険の担当者が信頼おける方かどうか話を聞いていただいただくことが必要かなと思います。
私だったらお客さんに不利益であったりとか、プレッシャーを与えてということは、絶対しません。
ご夫婦で聞いていただける時間さえ作っていただければ、本当に有益な情報を提供させていただき、楽しく有意義な時間を共有できると思っています。

保険なんて必要ないよ、という方はほとんどいらっしゃらないので、ちょっとでも保険について考えていらっしゃるなら話を聞いてみて欲しいなと思いますね。
聞いてみていただければ必ず新たな気づきがあると思いますし、「こんなこと聞いたことなかった」っていうようなお話がきっとあると思います。
そういう情報を得ながら、自分に合う保険をこの人とだったら考えられるなと思う方と一生涯のお付き合いをしていくつもりで考えていただけたら、ご自身の将来の安心に繋がるのではないかと思います。

更新型の保険に入られている方も多いようですが、私は人生の途中で保険を変えることの方が不利益の方が多いと思っていますから最初にもう変えなくていいような、そのままずっと入っていて良いようなものに入っていただければなと思いますし、そういうお話はさせていただいてます。
その保険を続けていただいた結果、もしものことがあったとしてもなかったとしてもちゃんとお金が残るようなものというのにできるだけ加入をしてもらうようなアドバイスですね。

もちろん、考え方は人それぞれですので、私の考え方に共感してくださる方は、私は全力でサポートさせていただきますし、一生涯のお付き合いをしていけたらなと思います。
一生涯のお付き合いと一言でいいましたけど、どういうことかと言うと、やはり何か心配事ができた時に、とりあえず私に連絡いただくとか。
ご自分の保険どんなだったかなと思われたら私を呼んでいただいて、契約後にお渡ししたファイルを一緒に見ながら確認したりとか。
私はそうやって呼んでいただいてまたお客様とお話できるのが嬉しいですし、お客様は疑問や不安がなくなって嬉しいし、っていうお付き合いをしていけたらなと思っています。

取材日:2015年8月

平井 弘司さんへのプロフィールはコチラ

お名前 平井 弘司 (ひらい ひろし) 生年月日 1973年1月15日 生まれ
出身地 大阪府豊中市 血液型 A型
家族構成 妻1人 息子1人 犬1匹 趣味 ゴルフ 食べ歩き 旅行 ジャズ鑑賞
休日の過ごし方 趣味に費やす 座右の銘 克己復礼
一番、楽しい時は? お客様の相談にのっているとき 生命保険以外の得意分野 住宅ローン・節約術・火災保険
略歴 関西大学文学部⇒ハウスメーカー⇒保険業界 保険業界歴 9年

所属する保険代理店のプロフィールはコチラ

代理店名 株式会社エフケイ
所在地 〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-2-15 東照ビル1階
電話番号 052-232-0770 携帯番号 090-4251-4301
E-mailアドレス hirai.hiroshi@efu-kei.jp
HPアドレス http://www.efu-kei.co.jp
◆取扱社数 生命保険 22社、損害保険 19社、その他 5社

平井 弘司さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

平井 弘司ケータイ直通
090-4251-4301

ページトップへ

スポンサー企業

  • ママプラス

パラリンアート

ページトップへ