地震保険

地震保険は、火災保険のオプションです

地震、噴火、津波などの自然災害に関する損害に対応可能な保険として、1966年に作られた地震保険は、火災保険のオプションとして加入できる仕組みとなっています。

このような理由で、地震保険と火災保険は同一の契約書内で手続きが行われるため、単独で加入できない存在となりますが、制度や保険料については政府によって取決めが行われているため、保険会社管轄の火災保険と全く異なるシステムとなっているようです。

どうして地震保険には、政府が関わっているの?

地震保険が政府のサポートを受けているのは、大地震が起きてしまった時に、民間の保険会社だけでは、支払いの負担ができないという考え方に基づくもの。

このような理由で、地震保険の内容はほとんどの保険会社で同一となっていますので、一般の保険のように細かく比較検討をする必要がないと言えるでしょう。

また地震保険を取り扱っているのは「日本損害保険協会の会員会社のみ」ですので、火災保険と共に地震保険の検討を行う際には、25社の中から選ぶようにしてください。

地震保険の補償額は、一体どのぐらいですか?

地震保険の補償額は、被災後の生活再建を目的としていますので、「地震で受けた被害を元に戻す」という内容ではありません。

補償額の上限は、住居用建物が5,000万円、家財が1,000万円となっており、加入可能な物件の用途にも制限がありますので、きちんと規定を確認した上で、契約することをおすすめします。

同じタイミングで広範囲に及ぶ被害が生じる地震災害は、各種保険のベースとなる「相互扶助」という考え方が成り立ちません。

そんな地震保険はかなり難しい仕組みと特徴がありますが、検討段階で悩みや疑問がある方は、当サイトの保険アドバイザーに相談してみてください。

確実性の高い保険に入ることが、安全安心な災害対策に繋がります。

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険のビュッフェ

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。