• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声

保険アドバイザーの紹介

プロフィール詳細はこちらをクリック

yoshidaf1

吉田 文昭さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

吉田 文昭ケータイ直通
080-8328-6656

ページトップへ

保険業界に入った
きっかけを教えて下さい。

約15年前ですね。全然、それまでは保険業界に全く興味がなかったんですけど、私の友人のお知り合いの方に、某生命保険会社の所長さんがいらして、私の友人に、「リクルートで話聞いてくれ。」とおっしゃったらしく、友人から「オレは話聞いても分からんから、お前、代わりにその人の話 聞いてくれ。」と言われたんです。

それで、「いいよ。話しぐらい別に聞きに行くよ。」ということで、何回かその会社の京都支社に足を運びまして、最初はリクルートのお話を聞いてたんですけど、その方の保険募集人としての仕事のやり方とか、素晴らしいお話に感銘をうけて。
「めっちゃ保険に興味持ってるじゃないですか。」みたいなこと言われるくらいになったんです。
ただ、その会社は待遇的なところで入社には至らず、ある別の国内生保会社にそこと同じような姿勢でやる部隊ができるということで「保険業界でやりたいって思ってるんやったらそこでやってみるか?」というふうに教えてもらいまして、そちらに入りました。

私に声をかけてくださった方から「保険募集人の仕事というのは、保険を売るだけではなくて、関わったお客様の役に立つ色んな事が出来るんですよ」と教えていただいたんです。
例えばファイナンシャルプランナーという資格を取ると、例えば、公的制度の話であったりとか、税金の話であったりとかっていうことも交えてお客さんにお話ができたりして、かなり喜んでいただけるんです。
色んな事教えてくれはりますね。」って。

あとは保険の給付の際の関わり方とか。
「保険に“入る時”だけじゃなくて。“出す時”の関わり方というのがすごく大事ですよ」という話を聞かせてもらって。
その方がすごいプライドというか誇りを持って仕事をされているのを見ていたし、その方から「保険募集人の地位を僕らで上げていきましょうよ。」みたいなことも言われて、「それはいい話やな。」と思って、その気になったんです。

実際この仕事をし始めてからも、その方と関わり合いながら、常に色々教えていただいたりとか、自分でも色々勉強をして、モチベーションをずっと高く保ちながらやってこれたと思っています。

お客様への保険提案の際に
どんなことを大事にされていますか?

yoshidaf2

これは始めた時から一貫してずっと心がけているんですけど、やっぱり当時いた会社では契約をいついつまでに持って来いみたいな事を言われてたんですけど、それを徹底的に無視しまして(笑)。
だってその通りにしていたら、お客さんのペースでできないじゃないですか。
「契約をいつまでに」って、全部こちらの事情で、お客さんには全然関係ないですよねって。

大事にしてることというのは、まずお客さんに“保険”っていうものに対してのご理解を頂いて、「ほとんど保険に関してわかってなかった。」とか、「嫌なイメージを持ってた。」という方がたくさんおられるので、そこのところを払拭できるようなお話から始めて、フラットな状態になっていただきます。

そして、“保険に対して望むこと”を、出来るかできないかは気にせずに、まず全部言って頂くということを心がけています。
望むことを全部言って頂いたら、私が今所属している代理店というのは色んな保険会社を扱っているので、お客さんのご希望を形にできる商品の組合せを探し出してご提案します。

そうすると、お客さんから「こんなこと出来るんですね。」って言っていただけます。
「今までこういうふうに話を聞いて頂いた保険屋さんいません。」とか、そういう保険に対してとか、保険募集人に対してのイメージが変わったよというような言葉を頂けるようなご説明をすることを心がけて仕事をしています。

ですから、契約の大きいとか小さいではなくて、お客さんが「納得して満足しましたよ。」っていう何らかのお褒めの言葉を頂くことがないと、自分的には仕事がうまくいったという気持ちになれないので、その言葉を聞けるということを常に心がけてるという感じです。

ご自身が入ってらっしゃる
保険内容はどんなものでしょうか??

収入保障保険と、貯蓄も兼ねてるので介護年金、変額年金も入っています。
そして医療保険、がん保険もちゃんと入っております。準備万端です(笑)。
保険の大切さをこうやって人にお伝えして、ニーズを喚起して売ってるんですけど、実は私自身が一番保険が必要な人間なので。

自分の体的にも必要で、何回も保険にお世話になっているんです。
だから余計に「保険って大事やな。」と思っていて、そのまま入り続けております。

元々は前に仕事してたところでの、お付き合いで入ったんです。
入ってすぐの時は、保険を使ったりしませんでしたけど、やっぱり歳とってくると、使うこともちょいちょい出てきます。
ありがたいですよ。

収入保障というのは住宅ローンを公庫で借りてるので、団信の代わりです。
公庫の団体生命保険って任意なのでそれに入るかどうか選べるんです。それが何年か前に結構値上げしたんですよね。
団信って安いのがメリットだったのにそれだったら民間の保険とあまり変わらないなと思って。
それで収入保障の保険に入っています。払い方も選べますしね。

保険の仕事をしていて
嬉しかった出来事は何でしょうか??

yoshidaf3

なんせお褒めの言葉をもらえることが楽しくてやってます。
そんなに大したことじゃなくても、「保険についてちょっとわかった気します。」とか。

あと例えば、若い女性の方のご相談にもけっこうのるんですけど、僕が「今、怪我とかしいひん思うてはりますけど、例えば出産の時に、異常分娩とかされた時にも使えるんですよ。」という話をすると、大概「そんなんまだ予定ない。」とかおっしゃるんです。
でもそういう人に限って、半年後ぐらいに「子供を授かって結婚しました。」とか、連絡くださるんです。非常に多いんですよ。

この間もお客さんに、「そういうご利益みたいの持ってるんちゃいます?」って言われたんですけど、僕から保険に入ると子供が出来るみたいな(笑)。
そういうの聞いた時も、やっぱり嬉しいですし。

出産に関しては、お子さんを授かったお孫さんのために、「保険入らしたりたい。」とおばあちゃんからお話があって、ほとんどの会社は入ってもその部分は不担保になってしまうんですけど、妊婦さんの入れる会社、現時点で僕の知る限り一社だけあるんですよ。
だからその一社をご案内してさしあげて、そこで入って頂いたんです。

それで、しばらく順調で何事もなくて「この保険はお守り代わりやね」とおばあちゃんからお話を伺っていたんですが、その2ヶ月後くらいに急に胎盤剥離で、緊急搬送されたんです。
でも、未熟児でしたけど幸い赤ちゃんもお母さんも無事でした。
それは、保険に入って数か月だったんですけど、給付金をお支払いできました。
その方から「ほんまに良かったわ。」っていう言葉を聞けましたので、本当に良かったなと思います。

若い人って保険に入っても、それは切実な感じではなくて、やっぱり“一応の”お守り代わりとか、「まぁ安いし。」ぐらいの感覚でかける方が多いんですね。
「なんかあった時のために」って入るけど、その“なんか”は自分には起こらないとどっかで思ってるんです。
だからまさか出産の時に本当に必要になるとは思われないんでしょうね。
でも、何人もおられるんですよ。

他にも出産間近まで、「こんな楽な妊娠やったら何人でも子供産みたいわ。」と言うてはった人が陣痛始まった途端に「妊娠中毒症」と診断されて、血圧バーっと上がって、すぐに帝王切開になったとか。
その人も僕から保険に入る前までは、「そんな子供なんて、無理無理。全然、予定ないし。」とおっしゃってたんですけどね。

あと、今の世の中50%の確率で男女ともにがんになるので、がん保険めちゃめちゃ売ってるんですけど、僕からがん保険に入った人は今まで15年やってきて誰一人がんになったことがないっていう。
それもようお客さんから言われます。
お客さんからそういう冗談ぽくでも色々言ってもらえるのは嬉しいですね。

吉田 文昭さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

吉田 文昭ケータイ直通
080-8328-6656

ページトップへ

保険金・給付金をお届けされた際の
エピソードや心掛けている事はなんですか??

これはちょっと、悲しい話で。
死亡保険金を払ったのが、今まで15年やってきて2回だけなんですよ。

一人目が高校からの、親友だったんです。その親友が40歳で急死しまして。
死に目にも立ち会って、友達、皆集まって、最後看取ったんですね。
それからお葬式が終わって、「親戚ではないけど親友だから」って奥さんから「骨拾ったって下さい」と言われて、最後骨まで拾って、全部終わった後に、保険の手続きをせなあかんかったんですね。

もうそれが非常にやるせないというか「なんでやねん。」と思いましたね。
死亡保険金の手続きはそれが初めてやったんです。
他人やったらええっていう話ではないですけど、高校の時からほんまになんか色んな事した仲間やったし、しょっちゅう家族ぐるみで皆で集まってる中の一人やったんで。
それは本当につらかったです。

もう一人が、それまた大切な親友の奥さん。
その奥さんも20代前半の時に僕の親友と結婚をしてからなので、僕がこの仕事をする前からの付き合いで、すごい仲良くて、皆で旅行行ったりとかしてた仲だったんです。
その人が乳がんになってしまって。
乳がんになった後もずっと関わっていて、遠方に引っ越しをされてたんですけど、しょっちゅう電話かかってきて、「子供がまだ小さいから死にたくないわ。」って言ってるのを聞いたりね。

保険については、元々、奥さんは大嫌いだったんですよ。僕がこの仕事するって決めた時に、「何であんたそんな仕事すんの。」みたいに言ってたりね。
ただ、僕がこの仕事始めてしばらくして、「子供のために貯金だけぐらいやったらしとくわ。」みたいに言ってくれて、終身保険を貯金代わりに使ってもらってたんです。
それが、何とか奥さんが亡くなった時に保険金がおりたんです。
だから、子供のために少しでも残したいという思いは何とか叶えてあげられたと思うんですけど。

その2回なんです。
どっちも一番近い、今でもずっと続いている仲いい友達のグループの内の二人ですからね。
自分の血縁者やったらわからんでもないんですけど。
だから結構、辛い思いをして出しましたね。

座右の銘のところに“生かされているのには理由がある”って答えたんですけど、この仕事をやっていて、人の生き死にに関わるような仕事をするのは天命なのかなと思いましたね。
それをやるために生かされてるっていうことはあるんやろうなと思っています。

長いこと付き合ってるお客様からは、「ほんまに吉田さん、これ天職やんな。」って言って頂くんですよ。それがやっぱりありがたくて。
もともと全然興味がなかった「そんなん誰がやるか」と思ってた仕事をそこまで自分ができるようになったというのは非常にありがたいですね。
運が良かったのかなと思います。

新しく保険に入ろう、加入している保険を
見直そうと思っている方に一言お願いします。

自分の思ってらっしゃる希望とか思い、将来に対してこんなふうな心配とかがあるから保険に入りたいとか、思うことを、まず「これ言うてええのかな、悪いのかなみたいなことは考えずに、とりあえずなんでも言って下さい。」っていうのは僕は必ず皆さんにお願いをします。

それを叶えられるかどうか、どうやってそれを実現するか、というのはこちらの仕事なので。
僕がご提案したものをご検討されるのはお客さんご自身です。
僕から「これはどうですか?」という話ではなくて、あくまでも材料にしていただくためのアドバイスっていう形なんです。
お手伝いすることが私らの仕事だと思ってるので。

とにかくお客様に対しては、「思ったことなんでも言って下さいよ。」ということをお伝えしたいですね。

 

取材日: 2015年 4月

LPP審査番号:LPP1505-012
※本コメントにつきましては、個人の考え方であり会社の見解ではありません。

吉田 文昭さんへのプロフィールはコチラ

お名前 吉田 文昭 (よしだ ふみあき) 生年月日 1966年9月14日 生まれ
出身地 京都府宇治市 血液型 O型
趣味 グルメ・映画(洋画、海外ドラマ)鑑賞、音楽鑑賞(洋楽ロックからポップス、Jazzまで) 休日の過ごし方 美味しいお店に行く、ドライブ、ショッピングetc、車(ドライブ)、スポーツ観戦(野球・ラグビー)
座右の銘 生かされているのには理由がある 最近大笑いしたこと 友人と酒をくみ交わしながらの雑談で大笑いしました。
一番、楽しい時は? 仕事、仲の良い人と美味しいものを食べながら楽しく話している時 今一番欲しいもの アストンマーチンDB10
小さいころの夢 何だったかな? 好きな漫画 パタリロ
好きな芸能人 吉本新喜劇の帯谷孝史さん、ピアース・ブロスナン、モーガン・フリーマン、デンゼル・ワシントン 好きなアーティスト TOTO, BILLY JOEL、Jounney
好きな曲 Fathfully 好きなTV番組・映画 『007』・『スタートレック』
宝くじが当たったら? 今までお世話になった人達と楽しくずーっと過ごす 保険業界歴 15年
保険以外の得意分野 住宅ローン・自動車保険
略歴 葬祭用品の製造販売会社⇒国内生命保険会社⇒現在

所属する保険代理店のプロフィールはコチラ

代理店名 株式会社ライフプラザパートナーズ 京都FA営業部
所在地 〒604-8153 京都市中京区烏丸通四条上ルタカンナ町691 りそな京都ビル5F
電話番号 075-256-8940 携帯番号 080-8328-6656
E-mailアドレス fu.yoshida@lifeplaza.co.jp
HPアドレス http://www.lifeplaza.co.jp
◆取扱社数 生命保険23社、損害保険20社、少額短期保険6社 (2015年5月現在)

吉田 文昭さんへのお問合せはコチラ

この保険代理店にメールでお問合せ

吉田 文昭ケータイ直通
080-8328-6656

ページトップへ

スポンサー企業

  • ママプラス

パラリンアート

ページトップへ