医療保険とがん保険の違いは?

医療保険とガン保険の違いは、保障の範囲として考えるのが適切です。
医療保険は入院やケガなどに対して広くカバーする保険です。病気の制限はなく、たとえば風邪をこじらせて集中的に点滴治療を行わなければならないという場合でも適用になりますし、不慮の事故で手術をしなければならないものでもカバーされます。

一方、ガン保険は、診断名に「ガン」が含まれるものだけに適用することができる保険です。
罹患率の高い病気だからこそ、そのための保険が用意されているのです。

一般的な医療保険でガンもカバーできるので、わざわざガン保険に加入しなくても良いだろうと思っているでしょうが、それは大きな間違いです。
医療保険で賄うことができる範囲は、入院給付日数に制限があったり、通院にも給付日数の制限が設けられているでしょう。

ガンは長期の戦いが生じる病気です。
ですから、一般的な医療保険の範囲を超えて、医療措置を受けなければならないことが多いのです。
それをカバーするため、ガン保険が存在するのでしょう。「ガン」と診断されたのちの治療は、日数に制限なくカバーしてもらえるガン保険。
どれだけ治療が長期化したとしても、しっかりカバーしてくれるでしょう。

診断が下るだけで一時金が出るというサービスも話題となっているガン保険。
医療保険と併用すると、安心の材料としては非常に充実するでしょう。
それが、ガン保険人気を呼んでおり、加入する割合を伸ばしているのです。

医療保険の選び方はコチラ

がん保険の選び方はコチラ

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険マンモス

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。