個人年金保険と生涯保険の違いは?

個人年金保険は将来のために積み立てるというイメージが正しいでしょう。つまり、老後の生活を支えるための保険なのです。一方、生涯保険はいわゆる終身保険であり、保険金は死亡した時に支給されます。

この違いは大きく、これからの本人の生活を支えるものが個人年金保険。これからの本人以外の家族を支えるものが生涯保険と考えるのが妥当でしょう。

個人年金保険と一般的な保険との違いはほかにもあります。個人年金保険に加入することで、在勤の控除を生命保険とは別に受けることができるのです。ですから、生涯保険と並行して加入することで、税金の負担を軽くするということもできるでしょう。

積み立てた資金を将来の生活のために使用する個人年金保険。基礎年金や厚生年金にプラスして支給してもらうと、生活水準を落とすことなく、ゆとりある暮らしが営めるでしょう。

途中で解約することなく資金を貯める必要がある双方の保険。どちらもメリットがありますが、貯蓄性という点では共通しています。でも、生前にもらえるものなのか、死亡後に家族に向けてもらえるものかによってもイメージが違います。

税金の面でも雑所得として換算できるのか、贈与税をプラスして課税されるのかも違います。ですから、結果的に手元に残るお金にも違いが生じるでしょう。貯蓄性もそれぞれの保険で違いがあるでしょうから、どのようなスタンスで積み立てを行うべきかを考えながら、これからのための備えとして保険を決めるべきなのです。

個人年金保険の選び方

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険マンモス

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。