介護保険

介護保険とは?

厚生労働省では「高齢者の介護を社会全体で支え合う仕組み」という位置付けを介護保険に与え、さまざまな理念やシステムを定義するようになりました。

公的介護保険は、9割が財源、1割が利用者負担という仕組みになっていますが、施設入所などの場合は、1割の費用がかなり大きくなってしまうため、一般の高齢者には支払いが難しい実情もあるのです。

そんな状況をカバーするために、民間の介護保険が発売されるようになりました。

民間の介護保険は、どんな内容なのでしょう?

民間の介護保険は、各企業が定義する「介護状態」になった時、お金が支払われるシステムです。

公的介護保険の場合は「要介護度だけ」が基準となりますが、民間の場合は「保険会社独自型」と「要介護連動型」の2パターンがあるため、入会時にきちんと確認をしておいた方が良いとされています。

民間介護保険の支払いは、「介護一時金」と呼ばれるものが一般的となっており、既定の要介護度に達した時や、保険会社が定めた要介護状態が180日以上続いたと認められた時、数百万円の一時金が支払われるというシステムです。

被保険者が亡くなった場合は死亡給付金も支払われますが、介護一時金よりも金額が下がる傾向があるため、一般的な生命保険との併用を行った方が良いと言えるでしょう。

さまざまな特約を付けることで、より介護がしやすくなります

被保険者の介護に使われる介護保険ですが、実際にそのお金の使い道を考えるのは、配偶者などの家族と考えて良いでしょう、

保険会社では、介護保険特有とも言えるこの状況に配慮し、指定代理請求特約や、保険金等の支払い方法に関する特約などのオプションを多数設けるようになりました。

急な病気などで被保険者が喋れない・動けないという状況に陥ることを想定すると、これらの特約を充実させた方が良いと言えるでしょう。

介護保険選びでお悩みの方は、当サイトの保険アドバイザーに相談してみてください。

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険マンモス

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。