• 保険アドバイザーの紹介
  • 保険の代理店seletionとは
  • 利用方法について
  • 保険の基礎知識
  • ご利用者の声

保険代理店 主婦の保険に関する座談会(口コミ・評判)

主婦の保険に関する座談会

「主婦の保険に関する座談会 vol.01」に参加いただいた皆様

今日はお集まりいただいてありがとうございます。
まずは、ズバリ「保険や保険の営業さん」に対するイメージを聞かせていただいけますか?

Aさんやっぱり営業だからノルマとかあって、勧誘がしつこいんじゃないかなってイメージがありますね。自分で考える時間を与えてくれなさそうというか。だからなかなか気軽に質問とかできないな。

Bさん私もそう。勧誘がしつこそうって思う。相談したら、契約するまで帰らせてもらえないんじゃないかって。
あと、話が専門用語ばっかりで難しいイメージですね。一度保険のお店に相談に行ってみたことがあるんですけど、そこで出てきた担当の人がかなりナルシストっぽい人で、質問していたら「そんな事も知らないの?」みたいな感じの態度をとられたり、年収の話をした時に「フフ」ってちょっとバカにした雰囲気を出されて、「なんなの?!」って悲しくなりました。

全員ひどーい。それは腹立つー。

Cさんやっぱり契約欲しさにグイグイくる人とか、あとはすごい上から目線で話してくる人とかいて、それは引きますよね。
こっちの要望もちゃんと聞かずに「あんたにはこれがいいから、これにしとき」みたいな風に言う人もいましたねぇ。
その時はちょっと考える時間くださいって帰って、でも次の日には「どう?どう?」って電話してきたり。「そんなすぐ決めれるわけないやん」って思いましたねー。

Aさんイメージというか、実際いたのが、だらだら長時間話す人。
長く話せばこっちが契約すると思っているのか知らないけど、子供が一緒だから困りました。

Cさんうん。営業なのに空気読まずに話が長かったり、わざわざ難しい言葉で説明してきて「私できるよアピール」する人とかね。
分かりやすく話すのが仕事のはずなのにね。

Dさん私も昔はみんなと一緒で、「胡散臭そう」とか「勧誘がキツそう」っていうイメージをもってたんだけど、ファイナンシャルプランナーをされてる方とかも増えてきてライフプランニングしてくれるっていう説明会とかもちょこちょこ見かけるので、前よりは胡散臭さっていうのは感じなくなったかな。

そういう説明会とかで親切に相談とかのってくれても無料だったりするでしょ?そういうのでこっちがうまく保険屋さんを利用するのも手なのかな、って最近思うようになりましたね。

山本じゃあ勧誘がしつこそうなイメージもありつつ、保険の営業っていうものも少し時代が変わってきてるなと感じられてる方もいるわけですねー。

保険屋さんにそういう良くないイメージを持ちつつも、みなさん何かしら保険って加入されてると思うんですけど、ご自分が加入されてる保険についてはどうですか?

Aさん保険ってどんどん新しい商品がでるじゃないですか。
で、前に主人から「安いやつ出てるぞ」って言われて、新しい保険に切り替えたんです。主人からそれ言われてなかったらずっと高い保険料払ってたと思うんですけど。そしたら解約返戻金みたいなのもちょっと出て得した気分にはなりましたね。

全員へー!それは良かったねー。ご主人ナイス!

Bさん私は、良くなかった話があって、主人が仕事でぎっくり腰になって、病院から「入院しますか?どうしますか?」って聞かれた時に、どっちでもいいんだったら入院しても退屈だし可哀相と思って、入院せずに車椅子を押して家に連れて帰ったんです。
で、通院治療をしていて、万が一の為に通院でも給付金が出る保険に入ってたから、保険屋さんに電話したら、「入院後の通院なら出るけど、入院してなかったら給付金は出ません」って言われて。
じゃあ入院させてもらえば良かったってこと!?と思って~。通院だけでも保険おりると思ってたのにー。

山本入院か通院か選べただけにショックですねー。

Bさんそうなんですよ、それ知ってたらゼッタイ「入院にします!」って言えたのにー。

Aさん自分が入ってる保険の内容って、覚えてないもんねー。

全員そうそう。全く覚えてない。

Cさん“入院後の通院しか出ません。”とか、“日帰り入院でも”とか“入院5日目から”とか色々あるもんねー。
パンフレットにもきっと小さく書いてあったんだろうけど。

Bさんそんなの見てなかったぁ。 Cさん保険証券と、設計書を一緒に残しておくのが一番良いんだろうね。

全員そうなんだぁ。

Dさん私も約款だとか証券を置いてはいて、いざという時に見てみたことがあるんだけど、乙がどうとか、甲がどうとか、読んでみても分かりにくいの。それが不満だわー。

Cさんお客さんが不利になるところは、ことさら分かりにくく書かれてたりするしねー。

Aさんうち保険証券あるんかな…。

山本そっからですか!?(笑) じゃあ帰ったらまず保険証券探していただくということで。

Dさん私もう一つ不満な事があるんだけど、保険切り替えたいなって思うことあるでしょ?
でも、またお医者さんに行って診断してもらわないといけないとか、手続きの書類とか、そういうのがすごく面倒に感じるの。で、年齢もある程度なると、保険料も高かったりとか。

Cさんうん。まぁそれは、若い時に入ったら保険料払う期間が長いから安いだけで、トータルで払う保険料はそんなに違わないんだろうけどねー。
私は、自分が少しだけ保険屋さんをしてた時期があって、みんなより少し保険には詳しいつもりなんですけど、人に保険をすすめてばっかりで、自分の保険って成績にもならないし全然ちゃんとしてなかった。

他人に「病気したらこんなに大変だから、保険ちゃんと入りましょうね」って言ってたのに、自分はちゃんと入ってなくて、それなのに自分が大きな病気しちゃったんです。それは一番の失敗だったなって。
軽いのには入ってたんだけど、病気をしたらそれ以降、保険料を払わなくてよくなる特約があるのを知ってたのに「どうせ元気だし」って入らずにいて。それ入ってたら保険料払わなくても一生面倒みてもらえたのにー。

全員へー!そんなのあるんだー。

Cさんそうそう。だからみんなこういう機会にちゃんと自分とか家族の保険ちゃんと見直した方がいいと思う。病気すると保険切り替えたくてもできなくなるから。

山本保険の見直しは元気なうちに、っていうことですねー。

他にも給付のことでエピソードなどありますか?

Cさん給付の申請をする手続きがすごい面倒だった記憶はありますねー。あと給付が年金型と一括払いとで金額に差が出たのが腹が立ちましたね。年金型だと確定申告しなくちゃいけなくて面倒臭いし。

Bさん私は子供を帝王切開で産んだんだけど、その時保険からお見舞金とか給付金が出て、その時は「ありがたい!」って思いました。

山本給付金がおりる時がやっぱりその保険が力を発揮する時なんでしょうけど、その手続きが面倒っていうのはしんどいですねぇ。

逆にポジティブなエピソードというか、保険屋さんの話で「これは良いこと聞いたなー」っていうことありましたか?

Dさん私は、そのちょっとしたライフプランニング相談会みたいなのに行った時に、“自分年表”っていうのを作ってもらうことができて、今年自分が何歳、子供が何歳。
子供が小学生になった時に自分は何歳で、高校・大学…って見ていって、この間にどれくらいお金がいるんだよっていうのを見て、「あぁ、この年まで自分は頑張って生きて、働いていないといけないんだ」って、全然自覚というか、思ってなかったから、愕然としたんですけど。
でもそれは、心構えという面で役に立ちましたね。特に何を変えたってことはないんですけどね(笑)。

Bさん私は、自分の担当の保険屋さんからガン保険の話を聞いたときに、ガンっていっても、種類があって、本当に初期の「上皮内新生物」って言われる段階だったかな、違うかもしれないけど、それだと、お医者さんに診断されても大半のガン保険は適用されないって聞いたんですよ。
でもこの商品のこの特約なら、その初期の段階で診断されても大丈夫ですよって勧めてくれて。
ガンなら何でもガン保険がおりると思ってたからビックリして。

Aさん私も何でも出ると思ってた!初期なのは嬉しいけど、保険が出なかったら困るよね。

Bさんそうそう。そういうのって、保険屋さんの間では常識なのかも知れないけど、私たちは知りようがないよね。
私はたまたまそういうのをちゃんと教えてくれる人が担当だったから良かったなって。

Aさんうちガン家系だしー。 Bさんうちもー。こわいー。

山本うーん、まぁガン家系っていうのであってもなくても長寿社会で2人に1人はガンになる、なんてTVでやってたりしますから、ガン保険ってだいぶ身近なものだと思いますけど、そんな物にまで落とし穴があるのか!って感じですね~。

Bさんそう!ガン保険に入って、「これで安心」って思ってたらそうとも限らないって。

Dさんえ~~、そんなの全然知らなかったし、きっともっともっと私たちが知らないことがあるよねぇ。自分が今入ってる保険、大丈夫なのかなー。

Cさん大丈夫かどうかは、やっぱり保険に入った時の設計書とか約款とか保険証券とか、そういうの見直してみるしかないよね。

全員うん。見直します。
帰ったらゼッタイ見直そう。なんか心配になってきた!

Bさん帰って保険証券とか見直すでしょ、でもたぶん書いてあることが専門用語ばっかりで分かりにくくて。

Dさん甲が乙がってやつねー。

Bさんそうそう。さらに混乱しちゃいそう。

こういう営業さんだったら色々な事を相談してもいいなって思えるような、理想の営業さんイメージってありますか?

Aさん私はできれば、説明をするよりも、こっちの希望とか話を聞いてくれる、“聞き手”の人。
あとは、自分の体験談も交えて話してくれるとか境遇の近い人とか、1回で決めさせずに、しばらく付き合ってみて「じゃあ入ろう」って思えるくらいまで関係を築いてくれる人がいいかな。

Dさんそうだよね。保険の話って、自分が丸裸にならないといけないっていうか、家族構成だけじゃなくて、貯金とか収入とか、体のこととか、全部をさらけ出さないといけないし。それを全部オープンにできると思える相手でないとね。

Bさんあとは、契約が終わったらそれっきりっていうのじゃなくて、なんか大したことでなくてもたまに連絡くれたりする人の方がいいよね。

私が今入ってる保険の担当の人は、家も近いし子供の年齢も近かったりで「最近インフルエンザが流行ってきてるから気をつけてね」とかマメにメールとかでも連絡くれるの。そういうのって嬉しいし付き合いやすい。

Dさんうちの担当さんは連絡くれる人と、くれない人両方だなー。

山本年末にカレンダーだけでもくれるとか、そういうの無いですか? 全員それはある。カレンダーは絶対くれる。

山本ああ、あるんだ!カレンダーって最低限されるものなのかな。(笑)

Bさんとにかく話しやすい人がいいですよね。
相性っていうのもあると思う。この人だったらいいかなーっていう雰囲気とか。なんかキツイ感じとか、上からな感じの人からは私は入りたくないし、質問とか相談もあまりしたくない。
あとは女性じゃなくても同じくらいの子供がいる人とか。「うちの奥さんも頑張って子育てしてまして」とか話してくれたり、親近感を持てるってこともポイントかなー。

Cさん私もやっぱり話しやすい人がいい。あとは、年賀状・暑中見舞いだけでも送ってきてくれる人とか。

Dさん“ほったらかされてる感”が嫌なんだよね。話しやすいとか環境が似てるとか、色々思って「この人なら」って契約したのに、それっきりだったら「あれ?」って思う。

Bさんあと、私は同じ女性から保険に入りたいって思ってるけど、主人は男性の営業さんから話を聞きたいって言ったり。
やっぱり「女は」って。

Dさんそれあるよね。
男の人からしたら、男性からキッチリ話聞きたいみたいな。でも、女性は女性なりのね、話しやすさとかがあるから。使い分けたらいいのかな。
でもそれはそれで面倒くさいのよねー。で、結局主人の言う方にしちゃったりするんだけど。

山本男性と女性ですかぁ。
まぁ女性ならではのことでも色々相談しやすい男性もいれば、しっかりした知識で的確な提案してくださる女性もいればって、きっとそこは結局男女ではなくその人によるんでしょうけどねー。

Cさん昔だったらリスク分散とかいっていくつかの保険会社で入ったりしてたけど、今は確か「契約者保護機構」っていうのができたから、1社で入ってても、「この保険会社が倒産したら」っていう心配はそんなにないですよね。
もちろん担当とかは変わってしまうんでしょうけど。

山本担当が変わります、っていう連絡があったことってありますか?

AさんDさんあるある。 Bさん私は、まだないですね。そのよく連絡くれる女性の人がずっと担当してくれてます。

Dさんいいねー。
私は昔の会社の先輩から入ってたんだけど、ちょうどこないだ「辞めることになりました。後任は信頼のおける後輩です」っていきなりメールもらって。でもその後任の人からは1回も挨拶も何もないし。
もう別に義理もないし解約しちゃおうかなって。ただ、じゃあどこに相談しようかっていうのとか、また審査が書類がっていうところの面倒臭さでなかなか動けずにそのままにしてるんだけど。

近所に保険のお店ってあると思うんですけど、そこ相談に行ってみようとは思わなかったですか?

Dさんん~、どんな人がいるか分からないし、相談会とか、他にもお客さんがいるならちょっと行ってみようと思うけど、自分だけっていうのは勇気がいるかなぁ。

Bさんわかるー。
私も来月そういう相談会みたいなのには行く予定してるの。お店は初めて行ってみて出てきたのがそのナルシストな人だったからイメージが悪くて(笑)

山本そうなんですねー。
今けっこう保険のお店ってショッピングモールとかにもできてますけど、意外と敷居が高いんですねー。

Bさん行ってみてどんな人が自分につくか分からないし…。 全員うん。うん。

山本じゃあ、ネットで文字と写真でどんな人か、例えば年はいくつで、どんな家族構成で、最近こんなことで泣いて、宝くじ当たったら何に使いたくて、休みの日はこんなことして過ごしてて、とかが細かく分かるようなものがあって、そこでイイなと思える人がいたら相談してみようと思いますか?

Dさんそれはちょっと明るいなー。それで気が合いそうだなって思えたら、ちょっと話は聞きやすいかも。

Bさんまぁ、全く得体の知れない人よりかは入りやすいよね。写真もあるんだったら安心。

Aさんそれで同じくらいの子供がいて、とかだったらいいなぁ。

Dさん最近ネットとかで、保険の相談したら某ポイントがもらえる、とかいうのあるけど、あんなのどんな人が来るか分からないもんねー。

山本あらやだ、すごい良い手応え。(笑) 
この座談会が載るのは、まさにそういう私が見つけたステキな保険代理店の担当者さんの“ひととなり”を紹介するサイトなんです。
みなさん是非お友達にも紹介してください。

全員楽しみにしてまーす。

山本今日はありがとうございました。

この度は「主婦の保険に関する座談会Vol.01」をご覧いただき誠にありがとう御座います。この会話は、あくまでも個人の感想・見解となりますので、予めご了承ください。

ページトップへ