スキー保険

思いっきり雪山を楽しむために、スキー保険

事故、ケガ、盗難というトラブルが想定されるスキーをする際には、保険の加入が必要不可欠だと考えられるようになりました。

しかし実際は「スキーのみ」に特化したスキー保険はありませんので、日常生活やスポーツ、レジャーにおけるトラブルや事故に対応できる保険に加入するのが、理想的なスタイルだとされています。

スキーをする時は、どんな保険に入ればいいの?

スキーの保険に入る上で最も大事にしたいのは、自分自身のケガに対する通院費や入院費の補償。

スキー事故は意外と悲惨な結果に陥ることが多いため、ある程度高めの補償内容で契約をした方が良いと言えるでしょう。

またスキーを行っていると、他人にケガを負わせるリスクもありますので、賠償額が高めの保険に入ることが、自他の安全を守ることに繋がると考えられています。

用具の盗難や破損に関しては、不要と感じる人もいるかもしれませんが、この補償が付いていて邪魔ということはありませんので、オプション的なスタンスで加入するのがおすすめです。

自然を相手にしているスキーやスノーボードは、意外と危険性の高いスポーツです。

そんな実情を頭に入れた上で、自分を守るためにより良い保険に入った方が良いと言えるでしょう。

バックカントリースキーを行う人は、必ず保険加入を

ゲレンデ以外で雪山を楽しむバックカントリースキーは、ケガや事故だけでなく、滑落、遭難、雪崩、高山病のリスクもはらんでいます。

そんなスリリングなバックカントリーを行う際には、補償内容は充実している損害保険に入り、万が一のアクシデントを想定した準備が必要となることでしょう。

近年ではアグレッシブな滑りをするスノーボーダーも保険に入るようになり、その種類も充実してきています。

雪山で楽しむ際に入る保険について悩んだ時には、当サイトの保険アドバイザーに相談してみてください。

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険マンモス

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。