シニア世代の保険選び

シニア世代の負うリスク

世界でも有数の長寿国として有名な日本。
人口の高齢化がますます進んでいる現在において、シニア世代の送る生活スタイルは老若男女を問わず人ごとではなくなっています。
シニア世代というと、子供が独立して悠々自適な年金生活を送っているというイメージがありますが、実際はそれほど楽な生活でないのが現実です。

シニア世代が負うリスクと言えば、何と言っても病気や怪我などになりやすいという肉体的なリスクです。
シニア世代は、加齢からくる抵抗力の低下や、骨や内臓が弱くなっているので簡単に怪我や病気に罹りやすくなっています。
そういったリスクに備えて、最適な補償が得られる保険に加入しておく事をおすすめします。

定年後の生活について

シニア世代は、会社を定年退職した後は年金を受給して生活して行く事になりますが、年金の給付される金額によっては充分な生活が送れない事があります。
上記に記したように、病気や怪我などになりやすい世代であるシニア世代にとっては、生活費の他に治療費を年金から捻出するだけでもかなり生活を圧迫する事になってしまいます。
そういった老後の事に備えて、国民年金の他に、民間の保険会社の個人年金保険などにも加入しておくと不安が軽減されて良いです。

シニア世代は医療保険に入れない?

シニア世代は病気や怪我になりやすいので、頻繁に病院のお世話になる事と思いますが、もし医療保険に加入していなければ、その治療費は結構な金額となってしまいます。
しかし、医療保険は60歳を超えていると保険料が高額になりすぎたり、加入そのものを断られてしまったりで、シニア世代になってからの加入は難しくなります。
そうした事態を避けるためにも、医療保険や個人年金保険などのような老後の生活に直接関わるような保険には、若いうちから加入して備えておく事が重要と言えるのです。

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険のビュッフェ

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。