がん保険の基本的な保障は?

がん保険の基本的な保障は、診断給付金や入院給付金、手術給付金があります。
これは、がんに対する保障なので、ほかの病気と診断されてしまっては意味がありません。
ただし、がんに対する保障が強化されているものですから、がんと診断された時には絶大な威力を発揮します。

まずは診断給付金。
こちらは、がんと診断された時に、一時金としてお金が給付される保障です。
何かと出費がかさむ時期に、一時金として支給されるお金はとてもありがたいと思うでしょう。
本人のみならず、家族に対しても経済的な負担が大きくなるのが病気というもの。
それが保険会社もわかっているため、診断給付金という制度を設けているのです。

がんへ前向きに立ち向かってほしいという願いが、給付金という形で還元されるのでしょう。
それは、これからの闘病生活に対しても非常に大切な支援なのです。

次に、入院給付金や手術給付金ががん保険の柱となります。
手術が必要になることも多いのが、がんの特徴ではないでしょうか。
放置しているとどんどん進行してしまうものもありますので、一刻も早く入院・手術が必要になるというケースも多いのです。

それに対して、医療保険でもカバーできる部分はありますが、入院日数が多くなってしまうがんの場合は、制限数を超えた入院になってしまうということも少なくありません。
それを回避するためにも、がん保険に加入して、しっかりと保障される体制を整えなければならないのです。

がん保険の選び方

R e c o m m e n d e d 4 c o m p a n i e s
最新版!保険契約窓口別おすすめ4社

訪問型の保険代理店

おすすめのサイト

保険のビュッフェ

何社分もの保険を扱える経験豊富なFPだけを厳選。
自分にあった保険が探せます。

ショップ型の保険代理店

おすすめのサイト

ほけんの窓口

日本全国に500店舗以上を備えています。
気軽に保険の相談をしたい方におすすめ。

対面直販型の生命保険会社

おすすめのサイト

ジブラルタ生命

一定の商品のみ販売しているのではなく、
その人にあった保険にオーダーメイドしてくれます

ネット通販型のネット生命保険会社

おすすめのサイト

楽天生命

ネットならではのお手軽な保険料金。
楽天ポイントもたまって更にお得に。